メコバラミン 錠 500。 メコバラミン錠500「トーワ」の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

500 メコバラミン 錠

生活上の注意 副作用 主な副作用として、食欲不振、吐き気・嘔吐、下痢、発疹などが報告されています。

16
500 メコバラミン 錠

しかし巨赤芽球性ができると、この働きがほとんど機能しなくなることから、身体が酸欠状態になって疲れやすく貧血となります。 同じ薬効の薬を探す 同じ成分の薬を探す 同じ製薬会社の薬を探す 各年代別の薬剤の処方数です。 上記のような副作用が出た場合は、服用するのをやめて医師・薬剤師に相談するようにしましょう。

5
500 メコバラミン 錠

最後の見出しでは、メチコバール錠の主成分であるメコバラミンが含まれている薬を市販薬に絞ってお伝えしていきます。 上記のような副作用の症状を感じた時は、一旦薬の服用を中止し、医師に相談してみましょう。

13
500 メコバラミン 錠

この見出しでは病院で処方される薬に絞ってお伝えします。

20
500 メコバラミン 錠

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。 市販薬にメコバラミンのみが含まれた薬はありません。

500 メコバラミン 錠

ただし、年齢及び症状により適宜増減する。 ビタミンB12が不足すると自律神経の乱れに繋がるため、メチコバールを服用しビタミンB12を充分に摂取することで、自律神経失調症の症状が緩和されることを期待して処方されます。

3