トヨトミ の 逆襲 モデル。 トヨトミ の 野望 モデル

モデル トヨトミ の 逆襲

章一郎氏の父、章男氏の祖父。 事故の当初は業務上過失致死傷容疑でメーカー側にがあるとしていたが、これにより刑事責任を問うのは困難とみられている。 ハイブリッド車プリウスの成功により、大きく利益を伸ばしたトヨタ自動車だが、自動運転への対応、さらなるエコカーの開発などが課題となっている。

12
モデル トヨトミ の 逆襲

トヨトミ自動車は、つまりトヨタ自動車であり、作中登場するトヨトミ創業家の豊臣新太郎・統一親子は、トヨタ自動車の豊田章一郎名誉会長と豊田章男社長、たたき上げの社長・武田剛平は、奥田碩氏がモデルで、豊田家と奥田氏との確執などトヨタの「奥」が赤裸々に描かれたため、「名古屋界隈の書店から本書はすべて消え」「小説を偽装したノンフィクションではないかと世間を騒がせた」(夏野剛氏の小学館から刊行された同書・文庫版解説より)のである。 その後、武田は、豊臣家と会社の経営を分離する「持ち株会社構想」を企てる。 筆者は「覆面作家」 一読すれば、誰もがトヨタ自動車をモデルにした作品と気づくのだが、そこに描かれたストーリーは、もはや「企業小説」の域を超えていると言っていい。

19
モデル トヨトミ の 逆襲

彼らが産業の垣根も国境もこえて、既存の自動車業界になぐりこんできているのだから、たいへんだ。 そのため忖度が生まれ、真実がきっちり伝えられない」と語っている。 『トヨトミの野望』にはこんなことが描かれている。

モデル トヨトミ の 逆襲

小説の中の武田は4年間の在籍時に、あの手この手を講じて世界No1自動車メーカーの道を模索していく、その中でグローバル企業になるために豊臣家の排除も画策するが失敗に終わる。 トヨタは最近、テレビCMで盛んに宣伝している自社メディア「トヨタイムズ」をヤフーのような媒体に育てようとしており、主要メディアにタイアップ企画などの提案を持ち掛けているという。 どこまでが史実でフィクションかはわからないが、それも含めて想像しながら 世界のトヨタの知られざる歴史と思って読むと大変おもしろい小説です。

16
モデル トヨトミ の 逆襲

この数年で大きな変化があったのだ。 自動車業界を知らずとも、多様な視点で読むことができる。

モデル トヨトミ の 逆襲

しかも話は2016年からはじまるから、まさに「今」を描いている。 組織も同様だ。 。

5